ジェルトン     シンガポールの樹木36 
学名:
Dyera costulata   キョウチクトウ科   Apocynaceae
通称名: Jelutung
原産地:スマトラ、ボルネオ、マレー半島、シンガポール
2007年7月24日撮影  シンガポール植物園
縦長円錐形に伸びる形の良い木です。マレー半島、(シンガポールを含む)近隣国が原産地。
ご当地木の一つですね。材質は柔らかいので、鉛筆の芯、写真の額、木製おもちゃ、家具のパーツ、
マッチ棒、マッチ箱、荷箱、などに使われるそうだ。インドネシアの輸出が一番多いそう。
輸出先は主にシンガポール。シンガポールは中継国の役で主に日本、アメリカ、ヨーロッパに再輸出される。
樹液はガムの原料、接着剤として製品化される。

HOME シンガポールの樹木Top 樹木35へ  樹木37へ


無料アクセスカウンター

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー