シンガポールで見られる世界三大花木 学名:Jacaranda mimosifolia(J.ovalfolia)
和名:ジャカランダ・桐擬き・キリモドキ  
英名:Blue Jacaranda  原産国:南アメリカ  シンガポールでの開花期:通年            
       

撮影日:04年12月12日 撮影場所:Holland Rd.  最終更新日05年6月10日

いつかインターネットでジャカランダを検索中に、まるで満開の桜のように紫の花で覆われ
落ちた花びらで道路が紫のカーペットを敷いたように見える写真を見たことがあります。
確かオーストラリア発の日本語サイトでした。お気に入りに入れておいたのですが、今回、本場の
ジャカランダの写真にリンクさせていただこうと開いたところ、「お探しのページは見つかりません」に
変わっていて残念でした。シンガポールのジャカランダはそのような景観からは程遠く、花付きが
良いと思われる開花期でも、葉の方が花よりも目立ちます。
オーストラリアのようにびっしりと花を付けないのは、シンガポールの高湿度のせいでは?と
想像します。一年中咲いていますが、三大花木の中では、花付きが少ないのが少々残念です。
けれども、真紅か黄色の花が多い熱帯花木の中でジャカランダの紫の花はほっと安らぎ涼しさを
与えてくれる貴重な存在です。シンガポール植物園でも見られます。
HOME   世界三大花木 カエンボクへ  世界三大花木 ホウオウボク



Click Here!
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー