ピジョン オーキッド  Dendrobium crumenatum    シンガポールの花58
英通称名:              原産地:シンガポール  
開花期:気温が5.5度以上急激に下降したあと。大雨が降ると気温が急降下して花芽が付きやすい状態になる。   
ピジョンオーキッドは着生蘭の一つでシンガポールが原産地と言われています。着生木はほとんどがネムノキです。高いところに着生しているため、そして風に揺れて、なかなか写真が撮れませんでした。この野性蘭は良い香りがするそうですが、手の届かないところに咲いているので、まだその香りをかいだことがありません。シンガポール植物園の中の蘭園では手の届く高さに咲くそうですから、咲いている時に出会えれば幻の香りをかぐことができるでしょう。

その後、手に届くところに咲くピジョンオーキッドに出会いました。優しいやわらかい香りで、レンゲソウの香りを懐かしく思い出しました。ピジョンオーキッドはレンゲソウの花束の香りでした。


撮影日:05年7月21日 撮影場所:シンガポール大学構内/Faber Garden Park 更新日:05年7月22日
HOME シンガポールの花Top頁へ シンガポールの花57へ シンガポールの花59へ


ほんとうにピジョン(鳩)のようですね。ツボミだと思っていたら、開花後の萎んだ状態。
podcast写真ブログ無料カウンターオンライントレード投資信託
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー